ホーム > 宗派一覧 > 日蓮宗

日蓮宗

立正安国・お題目結縁運動
いのちに合掌

身延山久遠寺

日蓮宗は、日蓮聖人(にちれんしょうにん・1222-1282)を宗祖とする宗派です。

日蓮聖人は、法華経(ほけきょう)に説かれたお釈迦さまの久遠の教えを深く信じ、生涯を通して実践しました。

日蓮聖人が身命をかけて実践されたのが法華経の教え「南無妙法蓮華経」のお題目です。私たちがお題目をお唱えすることにより、法華経の教えへの「信」もより堅固なものとなっていくのです。すなわち「南無妙法蓮華経」とは、法華経の説く真実に帰依することなのです。

日蓮宗は山梨県にある身延山久遠寺(1274年に創建)を総本山として仰いでいます。身延山は日蓮聖人が晩年の9ヵ年間を過ごしたお山です。

 

基本情報

名称 宗教法人 日蓮宗 (Nichiren syu)
祖山 総本山 身延山久遠寺
〒409-2593 山梨県南巨摩郡身延町身延3567
事務所 日蓮宗宗務院
〒146-8544 東京都大田区池上1-32-15
管長 内野 日総(Uchino Nitsusou)
宗務総長 代表役員 小林 順光(Kobayashi Junkou)
寺院数 5165ヶ寺(2016.5.31日現在)
僧侶数 8138名(2016.5.31日現在)
伝統 日蓮宗宗憲第一条
日蓮宗は、久遠実成本師釈迦牟尼仏から、その本懐である法華経を、末法に弘通することを付嘱された、本化上行菩薩の応現日蓮聖人が開創唱導した真実の仏法を開顕する仏教正統の宗団である。
宗旨 日蓮宗宗憲第二条
日蓮宗は、本門の本尊を帰依の正境とし、本門の題目を信行の要法とし、本門の戒壇を依止の戒法とする三大秘法を宗旨として法華経を行じ且つあらゆる思想を開顕して妙法に帰せしめ、もって即身成仏、仏国土顕現を理想とする。
本誓 日蓮宗宗憲第三条
日蓮宗は、不惜身命の経意を体し、異体同心の祖訓を奉じ、祖山中心の信仰を堅持し、皆帰妙法の祖願達成に精進することを本誓とする。
公式サイト http://www.nichiren.or.jp/